2015年08月22日

仮説の話 レベル46

早期蛹化個体のその後。早期蛹化についての仮説

以前紹介した早期蛹化個体の詳細です。

こちら

早期蛹化でも十分でしょ!
って言ってたのに、
なんとアガリはこんな極細サイズでした(笑)
IMG_0617[1].JPG



蛹化の時は短いですけど太くてよいプロポーションしていたんですけどね…


さて、いつものように『都合の悪い時の言い訳』→『都合のいい仮説』といきますか!(笑)

まずラベル情報より、

IMG_0618[1].JPG

順調に体重の増加をしているのがわかりますが、
ここまではかなり期待している個体で、
同一時期の同血統のグループでは上位にはいる成長速度でした。
期待度とは裏腹に5/12(10ヵ月で)カリカリと蛹室形成。
予想では115ℊ以上はあるかな?って思っていたけど、
前蛹体重は106ℊ
6/14 蛹化
8/3 2か月と待たずに早期羽化しています。


言い訳をするとするなら早期蛹化から羽化までの前後は、
僕は引っ越しの準備で忙しく温度調整ができていなかったことによるものだと考えています。
五月雨、梅雨時期は晴れと雨では温度の変動が激しく
現地でも雨期明けに羽化する個体が多いと聞く。
(温度の変動が激しいということは、それだけ気圧の変動も激しく
現地の雨期に近い状態であり、さらには激しく日本仕様の温度の変動を加えていたと仮説。)

日本でも夏場の前半はミンミンやアブラで
お盆辺りの雨によりほんの少しだけ涼しくなったのを感じてツクツクボウシが鳴きはじめる。
(関西の都会ではね。)
こー書くと的を得ているように感じるのは僕だけかな?

出品中オークションはこちらから。






昆虫 ブログランキングへ
にほんブログ村その他ペットブログ カブトムシへ
↑最近ランキング下がり気味です






加えて、おそらくは1度2度の気温はもちろん気圧や湿度までも感じ取っているだろう。
人間も季節と気圧の変動で体調不良を起こす人が多い。
こー書くと的を得ているように感じるのは僕だけかな?

それが証拠に
同じ1か月遅れで早期蛹化を迎えてしまった似たような個体は、
温度管理が完璧にできていたので
しっかりと胸角が出来上っています。

IMG_0619[1].JPG
IMG_0621[1].JPG

幸い現地は日本のように四季がなく乾期と雨期のみ。

僕なりの早期羽化を防ぐ手法は

『一定の温度』

もっとも気圧・湿度云々抜きにしての話ですが…

冬場はバラバラで
梅雨明けや湿度の高い長雨明けのほうが
一斉にアガって来ないですか?
こー書くと的を得ているように感じるのは僕だけかな?


どんなに体重乗せることができても
どんなに優良血統でも
最後の最後にコレじゃね。


参考までに。